FC2ブログ

記事一覧

集団ストーカーの扱い方

威厳のある裁判官は、法のみに従います。

もし、裁判において私情を交えたりすれば、
その裁判官の威厳はたちどころに失墜します。


あるジャーナリストが、大金を積まれて特定の
記事を書かないように依頼されました。

彼は、喉から手が出るほど、そのお金が
欲しかったようです。

しかし、「そのお金を受け取ってしまうと、
今後、僕の記事は誰からも信頼されなく
なってしまう」と考え、お金を受け取ることを
拒みました。

僕は、この話を聞いて、小さな感動を
覚えました。


集団ストーカーを否定(隠蔽)する言論人がいます。

本当に集団ストーカーが存在しないと考えている
ならば、情報収集・分析能力の欠落した人間として
言論人失格です。

集団ストーカーの存在を知りつつ、集団ストーカーを
隠蔽しているならば、不誠実な人間として言論人失格です。
集団ストーカーのタブー性を認識しているならば、
集団ストーカー問題に触れなければよいのです。
「僕には分かりません」などと言って、お茶を濁して
おけばよいのです。
わざわざ嘘をついて集団ストーカーを隠蔽するのは、
極めて不誠実であると言わざるを得ません。

集団ストーカーの認知は飛躍的に高まっています。
情報通の間では、公然の秘密となっているようです。

集団ストーカーを隠蔽している言論人は、
集団ストーカーを認知している一般人からは、
見向きもされないでしょう。


インチキは存続できません。
ニセ金を欲しがる人間などいないからです。
スポンサーサイト