FC2ブログ

記事一覧

悪いことは堂々と 良いことはこっそりと

結論から申し上げますが、「悪いことは堂々と 良いことはこっそりと」
行った方がお得です。


しかし、世の中を見渡すと、「悪いことはこっそりと 良いことはこれ見よがしに」
行っている人の方が多いようです。

確かに、悪いことは隠して、良いことをアピールしたくなる
気持ちも分かります。

ただ、いくら巧妙に悪事を働いても、必ずいつかはバレます。

潜在意識の下では、全ての人間が繋がっていますから、
悪事を隠し続けることなど不可能です。

そして、悪事がバレた時に大きなダメージを受けるのです。

他方、良いことをこれ見よがしに行っても、周囲から
「偽善者」と思われるのがオチでしょう。

なぜなら、この場合、「良いことをする」ことに関心を持っているというより、
「良いことをしている自分をアピールする」ことに関心を持っていると評価
されてしまうからです。


そこで、「悪いことは堂々と 良いことはこっそりと」行うことを
お勧めします。

悪いことは堂々と行わなければならないと思っていると、
実際上は、なかなか悪事を行うことはできません。

例えば、「憎い人間を堂々と殺害してやる」と考えても、
その思考を実現することは困難です。

僕は、集団ストーカーの被害者として、数え切れないほどの
殺意を抱いたことがありますが、その殺意は一度も実現されて
いません。

他方、「良いことをする」というのは自分自身の道徳的な問題(課題)なので、
ことさら他人にアピールする必要はないと思います。

ただ、僕の場合、無数の思考盗聴者から覗かれていますので、
厳密な意味で「こっそりと」良いことを行うことができないのが
残念ですが。


あなたが神様だとします。

「悪いことは堂々と 良いことはこっそりと」行う人間。

「悪いことはこっそりと 良いことはこれ見よがしに」行う人間。

どちらに祝福を与えますか?
スポンサーサイト