FC2ブログ

記事一覧

集団ストーカーにおける嫌がらせの特徴

集団ストーカーにおける嫌がらせには、
二つの大きな特徴があります。

①ターゲットだけに被害を認識させる

②言い逃れできる言い訳を準備している

以下、具体例を挙げて解説します。


<①ターゲットだけに被害を認識させる>

共犯者は別として、ターゲット以外の人間には、
ターゲットが被害を受けていることを認識させません。

ですから、基本的には、動物の死骸を玄関の前に置いておく
というような、あからさまな嫌がらせは行われません。

そんなことをしたら、ターゲットが嫌がらせ被害を受けている
ことに気づく人間も出てくるからです。

実際は、切断した傘の柄に短い紐をくくりつけて玄関の前に置いておく
(首吊りを連想させます)というようなことが行われます。

至る所で嫌がらせを受け、被害に敏感なターゲットにのみ分かる嫌がらせです。

仮に、警察に訴えても、「考え過ぎですよ」と言われるのがオチでしょう。


<②言い逃れできる言い訳を準備している>

個人情報を仄めかした加担者を問い詰めると・・・

「あなたのことを言っていた訳じゃないよ」


付きまといをしている加担者を問い詰めると・・・

「たまたまですよ」

「偶然ですよ」

「ここで待ち合わせしているだけですよ」

「犬の散歩をしているだけですよ」


<対策>

じゃあ、被害者は耐え忍ぶしかないのか?

そんなことはありません。

特定できている加担者に対しては、その場は
やり過ごして、後でじっくり反撃すればよいのです。

ちなみに、僕の場合、思考放送局で
加担者の実名と嫌がらせの手口を
発表します。説教もします(笑)。

また、特定の有無にかかわらず、その場で、防犯協力を
お願いする体裁で、愛想よく、加担者に集団ストーカー
認知・撲滅ビラを渡してもいいでしょう。

さらに、反撃ができない方も、「集団ストーカー加担者の
言動」を洞察することに関心を持てば、この状況を大いに
楽しめます。

皆さんも、各自で、オリジナルの対策を考えてみてくださいね ウフフのフ
スポンサーサイト