FC2ブログ

記事一覧

悪の根源

人間は、なぜ悪いことをするのでしょうか?

その答えは、極めてシンプルです。

悪いことをして、良い結果が得られると思っている
からです。


泥棒は盗みを働きます。

それは、窃盗という悪いことによって、
より多くの財産を得ることができ、良い結果
が得られると思っているからです。

しかし、その結果はどうでしょうか?

最悪の場合、警察に捕まって、刑務所行きです。

そうでなくても、日々、世間様の目を恐れて
生きていくことを余儀なくされます。


良い結果を求めて悪いことをしても、
結局、悪い結果しか得られません。

それは、当たり前のことです。

この宇宙は、「良い思い・言動(原因)は良い環境(結果)を生み、
悪い思い・言動(原因)は悪い環境(結果)を生む」という
原因と結果の法則によって統治されているのですから。


集団ストーカー被害者の皆さんの中には、加担者は
法で裁かれない以上、そんな法則など存在しないと
思わる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、法で裁かれなくとも、天による裁きがあります。

というより、法による裁きは、天による裁きの一部にしか
過ぎません。

加担者の身に不思議な不幸が起こったという話も、
ないわけではありませんからね。


結局、悪いことをするのは、それによって良い結果が
得られると思っているからです。

つまり、悪いことをしたら悪い結果になるという
原因と結果の法則を知らないからです。

悪の根源、それは、原因と結果の法則に関する「無知」だったのです。
スポンサーサイト