FC2ブログ

記事一覧

加担者を牽制する方法(閲覧注意)

今回は、加担者を牽制するための、かなりの荒業、それも法律スレスレの方法を紹介させて頂きます。一線を越えた加担者に制裁を加えることで、その加担者および他の加担者を牽制するのです。もちろん、彼らが盗聴・盗撮していることが前提となります。ただ、かなりエゲツナイ方法なので、よっぽど腹に据えかねた場合にのみ、用いた方がいいでしょう。加担者の氏名が分かっているならば、あなたは彼らに制裁を加えることが可能です。...

続きを読む

モビング考察

1.モビングの意義モビングとは、ターゲットを職場から排除するために行われる一連の嫌がらせを言います。集団ストーカーの被害者は、盗聴・盗撮,住居侵入などの様々な被害を受けます。しかし、モビングは、これらの被害を遥かに上回るダメージを被害者に与えます。職場は、生活の糧を得る場であるとともに、生きがい・自尊心を感じる場でもあります。その職場での活動を妨害するモビングは、被害者に多大な精神的・経済的ダメー...

続きを読む

風評工作解析

1.はじめに風評工作とは、ターゲットに関する個人情報を粗探しし、これらの情報に虚偽・誇張を交えて、ターゲットの周囲の人間にばら撒く工作を言います。選挙における立候補者に対する中傷・デマ攻撃のようなことが、一般市民に対して行われます。この風評工作により、①ターゲットを孤立化させると同時に、②ターゲットの周囲の人間をして、集団ストーカーに加担させることが可能となります。つまり、風評工作は、集団ストーカー...

続きを読む

被害者と精神医療

集団ストーカー・テクノロジー犯罪は、主として、ターゲットの精神を攻撃します。ですから、被害者の中には、精神的苦痛から逃れるために精神科にかかる人もいるでしょう。また、被害者は精神科に誘導されることも多いようです。被害者は精神科医に、自分の置かれた状況や苦悩を訴えます。精神科医は、表面上は、被害者の訴えに同情してみせます。そして、「薬を飲めば、精神的に楽になるかもしれません」などと言って服薬を勧めて...

続きを読む

精神科医にぶつける質問

先生は、これらの被害の訴えを妄想と捉えているわけですね。淡路島で、この被害を訴えていた人物が大量殺人事件を起こしました。ことの重大性に鑑みれば、同種の事件を防ぐためにも、精神医療は徹底して、「集団ストーカー妄想(なるもの)」を患者さんに周知すべきですね。先生は、患者さんに、集団ストーカー妄想の周知をされていますか?先生は、この犯罪の被害者と統合失調症患者を区別する基準をお持ちですか?お持ちでしたら、...

続きを読む

精神医学の本質

精神医学の本質は、権力に盾突く人間や個性の強過ぎる人間などを間引き、社会統制を図る点にあります。歴史的に見ても、現在においても、その本質は変わっていません。かつては、権力に盾突く人間に「いきなり」精神障害者の烙印を押し、精神病院に収容していました。「チェンジリング」という映画があります。ある地域で、子供の失踪事件が多発していました。主人公(母親)の子供も失踪しました。警察に訴えるのですが、警察はまと...

続きを読む

宇宙法則と支配者

僕は、宇宙法則の存在を信じています。その中でも、「すべてが一つ」(ワンネス),「投げかけたものが返ってくる」(因果応報)が根源的なものであると考えています。ここで、一つの疑問が沸いてきます。「支配者は、宇宙法則を理解しているのか?」ということです。支配層は、被支配層を散々に虐げています。もし、彼らがワンネス,因果応報などを理解しているならば、こんなことはできないはずです。僕は、結論を出しました。「支配...

続きを読む